感じる素振りで大発見

素振りをして、こうしよう、あーしようと思うことなく、今方がどこにあるのか、左腕のローテートの感じや、体重がどのように移動して、どこの位置に感じているのか?

素振りの間に、いま感じている感覚に意識を向けることだけに集中して素振りをしてきた。

思ったようにいかない時に、もっとダウンブローにとか、少し沈み込んでみようとか、フォローで左腕をもっと伸ばしてとかすぐに思ってしまう。

しかし、そう思えば思うほど、スイングがぎこちなくなって気持ち悪くなってしまう。

IMG_1500 2
IMG_1475

地面に線を書いて、線の前にクラブが入るようにする線きりショットと、
草地の雑草を根本から、スパッと切り取る草刈りショットをやっていた。

あれこれ考えないで、体の感覚に意識を向けるようにして、無意識に振れた時、綺麗に線の前の地面を擦れるし、草の根をスパッと切り取れる。

体重の移動や、体の回転に意識を向けて素振りをやっていると、どこでバックスイングをはじめ、どこで切り返しを感じて決めているのかが、少しわかるようになってきた。

バックスイングは、体の回転でてはアドレスの状態のままでトップまでいく。
切り返しのタイミングは、右足の母子球のラインから外に出ると、スイングが乱れるので、そこから外れない瞬間に左腰で切り返していくと、クラブがインから入っていく感覚になる。

そして、左腰をスパッと切っていくとそのスペースにクラブが入ってきてスムースに触れる。

しかし、フォローを取った時に、ぐらぐらしてしまう。
それを防ぐためには、回転力を少し落としてスイングをしなければならなかった。

土台の足の筋力のせいだと思っていた。

マキロイのスイングをボーっとみていた時、あれ、マキロイの腰ってあまり回転してないぞと思った。
事実左足も打った後、外側にめくれ上がらない。

腰の回転ではなく、切り返して、ダウンスイングに入った後、左足を伸ばすように力を使っているように見える。
そして、体の正面を腕が通過した後に、体の回転とともに腕が伸びているように見える。

そのイメージで素振りをすると、
伸び上がる感覚があるので、左手が自然に伸びて、線の前の地面をスパッと払える。
そして、体を回すのではなく、腕の遠心力に釣られて体が回転して、フォローでぐらつかなくなった。

ダウンブローに打とうとして沈み込んでいた為に、左手はかえって縮こまっていたのだ。

草刈りショットもスパッとアドレスした時の根を切ることができる。


これは、私の中では、大発見かもしれない。

名称未設定のアートワーク 10