質問力で本質を掴む

思考とは、考えるということですよね。
では考えるとは、どういうことをすることなのでしょう?

よく、自分で考えろって、言われませんか?

その時にどのようなことをしていますか?

このワークショップでは、考えるを考えていきたいと思います。

問う 広がる 見えてくる

 

コダックと富士フィルムの明暗を分けたもの

世界で初めてデジカルカメラを作った会社を知っていますか?

一度は聞いたことがある人もいるかもしれません。
コダックという会社です。

この会社は、デジカメだけではなく、世界で初めてロールフイルムやカラーフィルムを開発しました。

また、カメラだけではなく、映画用フィルムから医療用X線フィルムなど、
様々な分野の特許も持っていました。

そんな、最強だと言われた会社が、現在では、倒産手続をすることになりました。

倒産した理由

ところで、富士フィルムという会社はご存知ですか?

フィルム会社からスタートして、インストラクションカメラやデジカルカメララなど、
カメラ業界ではトップクラスの会社です。

それだけでなく、印刷などの現実機器の開発まで手がけ、印刷業界でもトククラスです。
今や医療品、放送、データ保存など、様々な分野で世界をリードする企業です。

10年前は、コダックの足元にも及ばなかった富士フィルムですが、
今ではコダックの2.5倍も売り上げを上げています。

同じ不況の中で、これまでの差が生まれたコダックと富士フィルム、
会社の行く末を大きく変えたものは何だったのでしたか?

自社を、定義し直す

経営の生みの親と言われたドラッカーが大切にしていたということがあります。

この質問で、あるホームキーピング(クローニング)会社は,
「自分の事業を全く別のものとして捉え」業界トップクラスには、
この時に見つけた事業の定義を「額縁に入れて役員に飾っている」そうです。

また、あるビンを製造する工場を経営する会社は、
「あなたのビジネスはなんですか?」と聞かれて、色々答えた後、
「入れ物を作ってるのはないですか?」と聞かれ、ハッとなり、大きな市場が拓け、急成長をしたと伝えられています。

実は、富士フィルムも同じ質問を、自社にしました。

「私たちの事業は何か?」

数多くある、ドラッカーが愛した質問の中で「私たちの事業は何か?何になるだろう?
何にでもあるべきか?」と何か問があります。

富士フィルムも、この質問を自社に問い合わせ、
自分がちゃんはカメラを作っている会社ではなくて「お客さんによって豊かな生活を送ってもらってサポートをしている会社」だと、自社を直しました。

それで、カメラ業界で培った

  • 普通の化粧品会社で求められる精度をはるかに超てた結晶化技術

  • ヒアルロン酸の均一化、ナノ化の技術やそれに必要な実験装置

など、過去の経験から成った、何となくの経験とは全く違う科学的なアプローチを使って、
「化粧品業界への参入」を決めました。

その結果、「アスリート」という女性なら一義は聞いたことのある、ヒット化粧品を開発しました。

コダックがせずに、富士フィルムがした「質問」、それが、会社の明暗を大きく分けました。

すべては、質問から始まる

どっだけ時代が変えても、向かい風に負けない、むしろその向かい風を追い風に変えてしまい、
そんな会社は、才能のある経営者がいるのではありません。

ただ素直に、先人が残ってくれた質問を使い、自社について向き合って、
自分の答えを導き出しているのです。

すべては、質問から始まります。

3時間で、「先人の問を使いこなす」

世の中には、「先人の質問」が書かれた本が何冊もあります。

しかし、

  • 忙しくてしっかりと読む時間がなかった

  • 読んだもののの難解すぎる、どうか実践していいのか分からなかった

  • 実践してみたけど、なかなか効果が感じられなかったかった

それで、3時間で、「先人の問を使いこなせる」ようになる講座を作りました。

【こんな人に、オススメ】

・考えているようで、すも同じ結果
・アイデアが浮かばない
・質問することに躊躇する
・悩みから抜け出ることができない
・興味がわかない

 

講座内容

講座の内容は以下の通りです。

1.オープニング

*なんでだろうゲーム
*アイディアを出すのは、なく、質問をたくさん出す

2. 子どものもの問い

* 質問駆動型探求* 常にアンテナが立つ方法

3.哲学者の問い

*哲学者の質問を違うことを知る
*境界線を求める質問の使い方を学ぶ
*思い込みや先入観を知る

3.芸術家の問い

*多面的に物事を見る質問を学ぶ
*異なものの共通点を探す

4.デザイナーの問い

*新しいアイディアを生み出す質問*同じを探す
*違いの同じを探す

5.イノベータの問い

*見えなかったチャンスを見つけ出す
*限界を突破する

現代へ生きるすべての人へ

私たちの住む日本は、後15年もばれば、成人人口の60歳以上の割合が50%を超えます。
つまって、凄いじゃ「少子・高齢化」の社会を迎えます。

現在の豊かさを維持するだけでも、大変ですが、もっと良い社会を作るには、
「一人ひとりの生産性」を上げない限り、不可能です。

その鍵は、「頭を使って仕事をする人の生産を上げること」にあります。その答えは、先で先人は、明かにしてくれています。

私たちは、すべては「先人が明かにした英知を、実際に使って、実践知ること」です。
「先人の質問を使いこなす」とは、そのようなピースの重要なもののの一つです。

私たちと一緒に、

「より激しく頭を使って働くのはなく、より賢く頭を使って働く」

第一歩を踏みませんか?